オススメAviUtl記事
スポンサーリンク

f:id:c7corvette1327:20180720234130j:plain

音痴なのでなるべく人前で歌いたくはないわけですが、それでも職場で飲み会やらカラオケやら行かざるを得ないときがあるんです……。そんな時私はいつもこんな方法で乗り切ってます。

音痴でも(無理やり)歌わされることもあるので対策を考えた

前回の音痴であることをバカにされ続けた少年時代の記事の続きのような内容です。

前回の記事はこちら。

難聴者でも歌うことが好きな人は多いと聞きます。

まあぶっちゃけ好きな歌を大声で歌うって気持ちいいですもんね。分かりますよ。

外人さんだって調子っぱずれだろうが何だろうが気にせず陽気に歌いながら仕事してる人多いって言うじゃないですか。

そんな風に陽気に楽しく好きに歌えばいいじゃない。ねぇ。別にプロ目指してるってわけでもないんだしさ。

でもそうは言っても多分この「音痴」という問題について悩んでる人って結構多いと思うんですよね。

そこで私はこんな風に対応しています。

あくまで私の場合は、ですけど。

同じく歌が下手で悩んでいる人(いれば)の何か参考になればと思います!

いや、ならないかな……(笑)

スポンサーリンク

結論から言うと私は音痴を治すことは出来てません

でもぶっちゃけ人前で歌いさえしなければ音痴だろうが何だろうが全然問題ないんじゃないでしょうか。

ただ、大人には大人の事情で逃れようのない某イベントに付き合わざるを得ないことも。

そう

KARAOKE

ですよ。

クソですよね。誰だこんなもん作りやがったのは。いいから一人で行かせろ。

特に私とか難聴者だっつってんのに歌わせんなって言うんですよ。

音痴に決まってるだろがい!

それともなんだ?あれか?先に下手くそに歌わせといて自分は上手く歌って周囲の羨望集めたいってアレか?

( ゚д゚)、ペッ!!

甘いな。

人を引き立て役にしようったってそうはいかねえ。

むしろ逆に難聴者たる私はお前らより一つだけアドバンテージがある。

それは……

下手で当たり前だと誰もが思っている

という点だ!

……おっといけない地が出てしまいました。

まーつまり難聴者って音が聞こえないんですから音程が分かるはずもなくてうまく歌える方がある意味おかしいんですよ。

だからこそ難聴の私が(それなりに)上手く歌えたらそれだけで凄い。はず。

これを利用しない手はない! と思い立ちました。

何もプロ級に上手い必要はない訳です。

「お?思ったよりうまいな?」

そう思わせたら勝ちです(何がだ

ということで私の場合、

人が歌えそうにない歌を歌う

このようにして乗り切ってます。

……とは言っても別に「〇太の大冒険」とか「尾〇んちの〇母」を歌って卑怯な笑いを誘うとかそういうオチじゃないですよ?

それに実はこの曲……何気にクッソ難しいですからね?

あ、良い子はググらないように(´◡`)

「金太の〇冒険」とか「尾崎ん〇の祖母」とか教育上よくないからな?

いいかググるなよ?絶対にググるなよ?絶対だぞ!

あまり周りの人がなじみのなさそうな曲をセレクト

こんなことをいうと

え?洋楽とかキーの難しい歌とか歌うの?

とか心配されますけどそんなワケないじゃないですかw

日本語の歌も音程外れなのに洋楽とか上手く歌える筈がない。

洋楽ってマジで上手く歌えないと顰蹙買うだけなんですよ。カッコマンになっちゃうだけなんですよ。

Basket Case 辺りの歌いやすいはずの曲でもすぐ下手くそがバレて赤面してますよ。


Green Day - Basket Case [Official Music Video]

そうじゃなくて

「音程ももちろんあるけど重要なのはそれじゃない」

曲を歌うんです。

私の場合はこれ!

Dragon Ash の「Deep Impact feat.Rappagariya」!!

www.dailymotion.com

ということで私

f:id:c7corvette1327:20180720223928p:plain

ラップに走りました。

下らないオチですんません、すんません(´;ω;`)

そしてこれが昨日の音痴暴露記事の最後の方に書いた例のS君とO君に教わったジャンルの曲です。

でもこれが案外ウケます。下手な笑いを狙った曲より効果抜群!でした。

少なくとも私の場合は、ですが。

何よりラップはフローやビート重視ですから

「音程もある程度はあるけど重要なのはそれじゃない」

音楽なわけです。

そして元々しゃべることに問題がなかった私には歌詞とリズムさえ覚えてしまえばラップは歌いやすかったのです。

あまりHIPHOPを聴かない人たちからすればインパクトは抜群で、またノリもいい曲が多いですから「上手い」と錯覚させることが出来るんですね(笑)

ちなみに実際には原曲と結構ずれていたとしてもそもそもが「語り」メインなのであまりバレません(ΦωΦ)フフフ…

こうして私は職場で「ラッパーかるび」としての地位を確立したのです(笑)

……ん?そう思ってるのは私だけで実はバカにされてるのか?

まあ正直なんでもいいやw

カラオケ行くたびにリクエストされるのは需要があるってことでしょ(笑)

最近ではむしろ、楽しんでくれてるなら実はバカにされてるとしてもそれはそれでいいやと達観してきたわけです(´_ゝ`)

ラップは実は音痴にとって歌いやすい

音程はとれないけどリズムはとれるという難聴者の方は多いようです。

私もその一人。

でも単純にリズムさえ取れれば歌える曲なんてそう簡単には思いつかないですよね。

なのでS君O君コンビにカラオケに付き合わされて、初めて割とガチなラップを聞かされた時は衝撃でした。

あれ、カッコいいじゃんコレ。

と。

その時聴いたラップがこれです。


Dragon Ash 1997~2001 - 陽はまたのぼりくりかえす (PV 90sec)

ところがこの曲、ちょっと前までYouTubeにフルの動画があったのですがさすがに著作権的にアレなのか、今では冒頭だけしか聞けなくなってしまってます。

残念ながらこちらはリミックスですが、カッコよくアレンジされているので良ければ。


Dragon Ash - 陽はまたのぼりくりかえす(Remix) by DJ RYO THE FRAP

やっぱりCDを買って聴くのが一番ですけどねw

確かに少し古い曲ですけど今聞いても滅茶苦茶カッコいい。

ここから私はRAPミュージック、HIPHOPに興味を持ち始めました。


ところで Dragon Ash はラップやヒップホップというよりミクスチャーバンドといった方がより正確らしいのですが、私にはそんなジャンルがどうとかどうでも良い話です。

ただただ Dragon Ash の曲が好きなだけなので、背景とか他のバンドとの関係とかそういった事情には一切興味ありません。

なのでZEEBRAやキングギドラがどうとかビーフがどうとかたいして気になりません。

Dragon Ash はもちろん、ZEEBRA の Neva Enuff とかも聴きます。


その後もこの友人からいろいろな影響を受けました。

先ほども書いたように彼は非常に歌がうまく、英語ペラペラの帰国子女だったので本場のHIPHOPを知っており、2PacやらDMXやらEminemを歌うわけです。

それがまたカッコいい。

特に彼の歌う Eminem の Lose YourSelf は鳥肌ものでした。


Eminem - Lose YourSelf (Official Video) [HD]

もちろん私は英語なんかペラペラ話せませんし、いくら歌詞カードとにらめっこしてもカーペンターズくらいが精いっぱいで全く歌詞を追えないので、本場のRAPはとても無理です。

頑張って Lose YoueSelfを友人に発音から教えてもらって真似しようと思ったこともありますが所詮猿真似です。カタカナ英語でもいっぱいいっぱいなのに段々舌が回らなくなって諦めました(´_ゝ`)

ですがそこから何となくラップ面白いなーとネットで色々さがし始めるように。

ちなみにこの頃はまだYouTubeはありませんでした。

ちなみに小中高と私の周りでラップを歌う人など皆無で、RAPを歌うバンドなどどんなものがあるかすら知らず、ラップっていえばあれでしょ?DA.YO.NEみたいなやつでしょ?的な空気。


DA YO NE EAST END × YURI 高音質

いやあ懐かしいですね。昭和の香りがプンプンするぜ……。

そんな状態だったので私は高校生時代にはラップに関わる機会が全くありませんでした。世代的にはさんぴんCAMPやったりしてブッダブランドやZEEBRAなどが表に出てきたくらいの全盛期だったのですけどね。

さんぴんCAMPの事を知ったのも随分と後になってからです。

高校時代に知っていたら何かが違っていたかもしれないなー。

それにしてもネットって本当に便利ですね。

中でもYouTubeが出来たことが大きかったと思いますが。

さて、そのYouTubeで私はまた一つ面白いバンドを発見します。

それが

スチャダラパー

いやマジ面白かっこいいんですよこのバンドwww

特にこの曲が最高(笑)


ノーベルやんちゃDE賞

殆どの人はスチャダラパーといえば「今夜はブギーバック」を上げるようですけど私はどうもオザケンが苦手で。

さてこれらの曲はどれもある程度音程はありますけど基本は語りです。

ただしDragon Ash の「陽はまたのぼりくりかえす」はミクスチャーであるためかサビがあって音程もあるので、完全にラップというのとは違うようですが。

いずれにしても普通の歌よりはずっと歌いやすいのではないかと思います。

勿論発音がしっかりできなければ意味がありません。

ラップを上手く歌う方法としては

  1. 歌詞を丸暗記
  2. リズムをつかむ
  3. 語りを滑らかに話せるように練習する

のスリーステップです。

シンプルです。

徹底的に歌い方を真似して音程を気にせず語るようにリズムに乗せて歌えばそれっぽくなります。

ダミ声が出せる人はそれも真似するとより雰囲気が出ますがやり過ぎると喉を傷めますし、ガチ勢かと思われて引かれるのでほどほどにw

後は練習あるのみ!

普通の人が歌を上手く歌うときに音程を重視するように、音痴たる我々はリズムを重視してラップするのです!

難聴者でもラップ出来るの?

私の場合は「音程が分からない」だけで補聴器があればボリューム次第で音だけは聞こえるので、歌詞さえ分かればなんとかなります。

上にも書きましたが、一部で聞き取れない部分ももちろんありますけどラップなら誤魔化しが利くというわけです。ククク…。

この辺りは難聴の度合いにも拠ると思うのですが、完全聾唖の方が上手に歌う方法は申し訳ないのですがちょっとわかりません……。

ただ、実は補聴器してても致命的な問題があって。

「歌詞を見ながらじゃないとどこを歌っているのか分からない」

という。

うーん、何か音が鳴ってるのは聞こえてるんですけど歌詞を文字で見ながらじゃないとよく聞き取れないんですよね。

歌詞があって初めて「ああなんとなくここを歌ってるんだな」と認識できます。

丸暗記している曲なら歌詞なしでもある程度分かりますが一旦気が反れると何処を歌っているのか分からなくなってしまいます……。

なのでネットが普及してくれてPCで手軽に色々な曲が聞こえるようになったことは本当にありがたい。

歌詞もサクッと検索できますし、スピーカーにヘッドホンで音量もそれなりに大きくできる。

あとはひたすらヘビロテです。

歌詞を完全に暗記できるくらい。

まあ暗記してても曲だけじゃ分からないのが玉に瑕ですが、カラオケは歌詞が出るので問題ありません。

さらに今の補聴器になってから、補聴器着けたままでもカラオケできるようになったのは非常に良かったです。

以前のはハウリングが酷すぎて使い物になりませんでしたから。

しかし。

それでも盛り上がり過ぎて皆が騒いでるとイントロ全然分からん……。

ちょお静かにしてや……。

ちなみに私の十八番はコレ。

人間発電所

www.youtube.com

タイトルのインパクトと歌詞の何だかワケが分からん感じがオオウケです(ΦωΦ)フフフ…

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事