オススメAviUtl記事
スポンサーリンク

f:id:c7corvette1327:20180521234420p:plain

みんな大好き(?)ドラえもん。私も子供のころは良く見てました。中学か高校生になったくらいからはサッパリみてませんけど今でも面白いですか?

さて、そんなドラえもんには「音のない世界」の話があったんですよ。このお話について、ちょっと考察してみました。お暇でしたら一種の思考実験とでも思ってお付き合いください。

ドラえもんの「音のない世界」はどんな世界か?

断っておきますが、私はドラえもんはギャグ漫画だと思っています。

ギャグ漫画に真面目にツッコむことほど寒いことはありません。

だが敢えて言おうこの話はツッコミどころ満載であると!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

さて、ドラえもんの秘密道具の中でも最高に恐ろしい素敵な道具が「もしもボックス」です。異論は認めます。

この「もしもボックス」、ドラえもんは「一種の実験室」と説明しています。

そしてこの道具は色々なところで大活躍しています。

あやとりが全てを決める世界を作り出したり(のび太はあやとりの天才)

寝れば寝るほど偉くなる世界を作り出したり(のび太は居眠りの天才)

物価が現在よりはるかに安い世界を作り出したり(いいなあ……(´ρ`)ジュルリ)

魔法を使えるようにしたら魔物や魔王!まで生み出したり(アカンやつや……)*1

まあなんていうか恐ろしい素敵な秘密道具ですよね。

こんなもしもボックスはドラえもんの秘密道具の中でも最強なのは間違いない。

だってなんでも思い通りですよ?

私だったら自分の今持ってる全財産をそのままに物価のうんと低い世界にして!って叫びますね。二番煎じだけど。

電話機の中で物価の低い世界にしてと叫ぶ。 (`L_` )ククク

……あかん、俗まみれや……。

そもそもよくよく考えたらドラえもんは危険なアニメなんやで……。

のび太の成長物語でもなんでもなく

ドラえもんは甘やかしの極み

出木杉君は出来過ぎて小学生らしくなく

しずかちゃんは変な色気があって小学生らしくなry

スネ夫は嫌味すぎて小学生らry

ジャイアンはイジメの権化すぎて小ry

かるびはもしもボックスがあれば……と妄想で悪巧みをし始め

数々の秘密道具は都合よすぎてもはや科学でもなんでもない

……ん?誰だこんな時間に…ウワマテナニヲスルヤメロ

スポンサーリンク

そもそもどうしてドラえもんで「音のない世界」が作られたのか?

私はドラえもんが巷で言われているほど教育に良くないとは思わないんですよ。

むしろ教訓に富んだ話ばっかりじゃないですかね?( ´艸`)

なんでも楽して何かに頼るとのび太みたいに痛い目見るぞって具合にネ。 

普段の短編って大体オチがついてますよね。

そして大抵秘密道具を悪巧みに使ってロクな目に合ってないヾ(*´∀`*)ノ

いやあ深いわ……(ほんとか?

で、音のない世界ですよ。

ようやく本題に入る訳ですけど。

ドラえもんのお話の中で音のない世界が作り出された経緯は至極単純です。

のび太たちがジャイアンの歌*2を聞きたくなかったから。

ある日のこと。

さわやかな風だからと窓を開けるドラえもん。

するとどこかで練習しているらしいジャイアンの歌が聞こえてくる。

一瞬で気分が悪くなり、必死に窓を閉め「あの声を長く聞いてると命にかかわる」とすらこき下ろすドラえもん。ひでえw

近々リサイタルを開くらしく、このままではヤバイ……。

何とかしなくては、といったところでのび太は何かを思いつく。

そう、それが……

これだ!

☞……1.2.3……!!(古い!

f:id:c7corvette1327:20180529220743p:plain

ドラえもん (第16巻) (てんとう虫コミックス)

※あ、あの藤子プロ様……引用の仕方とか難しい事が良くわかってないダメ野郎なので問題があるようだったら即刻画像を削除します……。

 

「もしもボックスで音のない世界を作る!」

 

なんて小賢しいことを考える小学生……!

そしてものの見事にしゃべってもお互い何も聞こえない世界を作り出すことに成功します。

 

さてこの世界は一体どんな世界なのでしょう?

 

これをちょっと真面目に考えてみたら、聴覚障害者の世界が垣間見えるんじゃないかとふと思ったのが今回の記事を書いた理由です。

いきなり真面目になったような風ですが

ギャグ漫画に突っ込んでる時点で思い切りふざけてますので騙されないように(;・∀・)

怒らず読んでおくんなまし?

ちなみにこのお話、てんとう虫コミックスの16巻の一番最初のお話です。

そして一度もアニメ化されていません。

ま、どう考えてもアニメにしようがないよね!

「音のない世界」は何が問題か

まず、私の考えるこのお話の抱える大問題を書いてしまいます。

漫画の中の「音のない世界」は「音のある世界の人間が考えた音の聞こえない世界」であって「音の存在しない世界」ではないということ。

???

ってなりました?

まあ当然でしょうねw

ぶっちゃけ屁理屈だらけでお送りしてますので(;^_^A

実は物語の中で、音の通じないドラえもんやのび太君は会話が出来ないことに気づき。文章でやり取りしているんです。そして意味が通じてしまっている。

これはすごいことです……!

この世界は「音がないのに文字(言語)は存在していて意味が通じる世界」な訳です。

リアルに音が存在しなかった場合、これはあり得ないと思われます。

そもそも言語というものはいつ、何処から生まれたのか全く分かっていないようです。

現在では言語の起源にはこんな説があります。

  • プープー説:思わず出た声から感情に関する語が出来たもの。
  • ワンワン説:鳴き声から動物に関する語が出来たもの。
  • ディンドン説:音響から自然物に関する語が出来たもの。
  • ヨーヘイホー説:かけ声から行動に関する語が出来たもの。

……ふざけてる様ですけどこれは大マジですよ?

一体どこまで本気なのか。どこまでふざけてるのか。

我々はどこから来たのか。我々は何者なのか。我々はどこへ行くのか。

はっ!ゴーギャン先生……!

もとい。

さらに文字には大まかに表音文字と表語文字、表意文字があると考えられています。

いわゆるアルファベットや平仮名、カタカナが表音文字、漢字が表語文字、アラビア数字や数学記号などが表意文字です。ざっくりですけど。

漢字を表意文字とする人もいますが、適切ではないという意見もありますね。

物の形から変化した漢字もあればそうでない漢字もたくさんありますので、これは意見が分かれても仕方ないと思います。

私自身は漢字は表語文字だという意見に賛成です。

表意文字は上に書いたように数学で考えるとわかりやすいかと。

例えば隣に言葉の通じない外国人がいたとします。

言語が違うので全く会話になりません。

でも例えば

32÷8=?

と書いたらお互いに 「4」 と分かるでしょう。これが表意文字です。

ある種の記号が意味を表すのですね。

数学者たちは言葉は通じなくても気持ちが通じるらしいです。変態。

一方で表音文字はそれぞれを「音」で示します。

「+」は日本語では「足す」ですが英語では「プラス」であるように。

で、ここで先ほどの4つの説です。

気づきました?

どの説も全部「音」が元になってる

ということに。

ということはつまり

「音が存在しなければこれらの説はそもそも成り立たない」

ということに他なりません。

したがって音が存在しない世界では、そもそも意思を伝える手段としての表音文字は発展の仕様がないはずなのです。

音のない世界では記号だけしか意味を持ちえないのではないでしょうか。

そうした「記号で何かを伝えること」を現代社会に体現したのがある意味では「手話」なのだろうと考えます。

勿論、現代社会の手話は言語がある上での手話ではありますが、例えば手話にも「動作」や「意味」そのものを表すものと、「文字そのもの」を表す手話があります。

日本語対応手話では小指だけ立てれば文字としては「い」ですが、日本手話では「女性」を意味します。※これが手話を学ぶ際に混乱の元となるのですが……。

親指を横向きに伸ばせば日本語対応手話では「あ」、上に立てると日本語手話で「男」、英語圏ではサムズアップと言い「OK」などの肯定的な意味を表しますが、ヨーロッパでは逆に侮蔑の意味になるとか。

なので意味を理解するしないは別として、音がない世界でお互いにコミュニケーションをとろうとしたなら、何かの動作が何かを表しているという身振り、手ぶりでしか物事を伝える手段がないということになります。

ですから仮に、もしもボックスで「音のない世界」を作り出した場合、正確にその世界が構築されたのならばそもそも言語という概念すら失われかねないはずではないかと思うのです。

これは危険です。

漫画自体のオチは、結局音がなくても何故か酷い歌は字を見ただけで寒気がするという現象がおこり、眼鏡をはずせば見えないことを利用したのび太がジャイアンに鉄拳制裁を食らって終わるという展開です。

f:id:c7corvette1327:20180529233502p:plain

ドラえもん (第16巻) (てんとう虫コミックス)

漫画はここで終わってますが、ギャグ漫画ですから許される展開であって、リアルに考えると空恐ろしい世界です。

そもそもどうやって元の世界に戻すのでしょうか?

文字はあれど、音が存在しないのですからもしもボックスに「元の世界に戻して」という合言葉が使えないはずです。

まあ普通に考えたらリセットボタンでも付いてるでしょうけど……。

だから漫画に真面目にツッコむと寒いんですよね!

本日の教訓

  1. 漫画は娯楽
  2. ツッコミは寒いだけ
  3. 大人しく読んで笑うべし
  4. 決して深く考えてはいけない

音のない世界に生きる人々

ドラえもんの「音のない世界」考察、いかがでしたでしょうか。

重い話になり過ぎると嫌だったのでなるべくふざけて面白おかしくしてみましたが……。

ここからは少し真面目な話。

現代社会ではリアルに「音のない世界」に生きる人々がいます。

それが難聴者、聴覚障害者です。

程度の差こそあれ、生まれつき完全聾唖の場合は一切が無音の世界に生きています。

想像してみてください。

生まれてから何も教えられていなかったら、同じ人間でありながら意思を疎通する手段を何ら持ちえないのです。

言語がないのですから何が何を表すのかすら理解できません。

そんな世界に、聴覚障害者は懸命に生きています。

勿論。

実際の社会は普通に言語があり、意思疎通の手段があります。

しっかりした教育を施せば完全聾唖の人であっても言葉を理解し、文字を読み、話をすることが可能です。

それは聞こえない人々も実社会では「音がある世界」に生きているから。

その人個人が「音のない世界」に住んでいたとしても、周りにいる「音のある世界」の人々が手を差し伸べることで、世界は共有できるのです。

難聴者の苦労を理解しろなどと思い上がったことは言いません。

ただほんの少しだけ、明日はまた少し、明後日はまた更に少し。

意思の疎通が難しい世界に生きている人々のことを、ほんの少しだけでも気にかけてくれる社会になってくれたらと願います。

*1:※ちなみにこれが大長編の「のび太の魔界大冒険」で、このお話の中でのび太の母に捨てられてしまったもしもボックスは実はその後作られた短編には一切出てこないという無駄トリビアがある

*2:聞いた人は気を失い、窓ガラスや壁を破壊し、魔獣すら撃退できるほど酷い

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事