オススメAviUtl記事
スポンサーリンク

f:id:c7corvette1327:20180306083708j:plain

栂池高原です。相変わらずスノボ行きまくってます。しかしこいつ写真の撮り方がド下手くそですね。まったくもってセンスがない。それよりスノボする時補聴器したままで大丈夫なのかという質問がありましたので答えようと思います。

 

防水じゃない補聴器はスノボでも使えるのか 

私の補聴器はいわゆる「ひげ補聴器」。

f:id:c7corvette1327:20180129230113j:plain

それも耳穴式というやつです。

 

さて、今回はスノボのような雪の中でやるスポーツや、私はやったことないですけどウェイクボードのようなスポーツで補聴器をすることについて話してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

防水機能のない補聴器を水場で使用する事の可否

 

結論から言えばやめておいたほうがよろしい。

 

当然ですね。

濡れたら壊れます。

 

まさかと思いますけど防水じゃない補聴器つけたまま水泳したり手漕ぎボートに乗ったりヨットに乗ったり土砂降りの痛み雨の中を傘もささずに走っていったりなんかしてませんよね?

 

これはあかんやつです。

 

やっちゃあかん。

 

水泳は補聴器ダメなの当たり前です。あほか。外すか防水買え。

手漕ぎボートもヨットも落ちたら濡れます。

そんなヘマしないぜ!とか言ってるやつに限って落ちます。そして濡れます。

 

水没レベルで濡れてしまえばさすがに壊れますし、保証効きません。

 

補聴器店によってはまあ初回とかくらいなら不注意として大目に見て保証使ってくれるかもしれませんが、あくまで大目に見てくれただけです。

基本的にはこれもアカンやつです。

 

とはいっても子供とか小さい子は、水泳の授業など補聴器つけたまま突入なんてことをやらかしかねないのできちんと注意しておくか、大人しく防水買っとけと偉そうに言ってみる。

 

 

私の経験上、このくらいなら大丈夫だと言えるのは直接濡らさないパターン。

 

例えば汗。

 

動いていれば汗をかきますし、スポーツをすればなおさらです。

ですが基本的には補聴器はある程度の汗くらいなら耐えられます。

 

問題は耳掛け式か耳穴式か。

基本的に耳の中というのはそれほど汗をかく部分ではないので、耳穴式を使用しているのなら問題ないと思われます。大量の汗が耳の中に入る状況というのも考えづらいですし。

ただまあアレの時は、ね……。以下反転。

……くんずほぐれつなもにょもにょの場合はあかんかも……。自分の汗じゃなくて相手のとか、ね……。

これは気になるなら外してくださいとしか\(^o^)/

というかいくら聞こえないからってつけたままするのか?

 

……私は外すけど(聞いてない 

 

 

 

ぶっちゃけ耳穴式なら、汗程度にそこまで神経質にならなくても普段使いなら問題ないと思います。

ただし耳掛け式補聴器は要注意。

 

というのも、汗を大量にかくと髪の毛が短い人は特にですが、汗がモロに補聴器にかかる可能性が高いです。

何しろ本体が外に出てますので。

 

まあ少しくらいなら大丈夫だとは思いますが、なにぶん汗は塩分を含んでいますので、機器にとってはあまり良いものでないことは明らかです。

するとやっぱり補聴器をしながら激しいスポーツをしたい場合に、耳掛け式補聴器を選ぶなら防水タイプを選んでおく方が無難だとは思います。

 

でも多分、防水機能云々の前にそんなに激しいスポーツするのに耳掛け式補聴器とか

 

 

 

 

邪魔だと思う\(^o^)/

 

 

 

 

  

防水の補聴器が欲しいのか補聴器に防水機能を付けたいのか

 

この二者は似てるようで実は全く違います。

 

「防水の補聴器」が欲しいのであれば、私なら迷わず耳掛け式補聴器から選びます。

なぜなら耳掛け式補聴器の方がラインナップも豊富ですし、色々使い勝手も良いと思われるからです。

 

一方で防水の耳穴式補聴器というのはほとんどありません。

 

一部にあることはあるのですが、例えばリオネットのHI-G4WUという補聴器。

f:id:c7corvette1327:20180306085055j:plain

出典:防水型補聴器 | リオネット補聴器

 

こちらは「洗える補聴器」として販売されています。

この補聴器であれば汗などで濡れても洗えます。

他にも温泉につけて入ったりもできるようなので、大衆浴場は周りの音が聴こえなくて怖いと思っている方には有用かもしれません。

 

こういう補聴器を選ぶのは

 

  • 補聴器がないと困るけど色々な理由から耳掛け式は不可
  • 濡れたりする可能性のある仕事や趣味がある
  • 雨の日でも自転車にのったりバイクに乗るから防水必須
  • マリンスポーツ大好きだから防水にしろ

 

などのわがままな希望があるからでしょうか。

 

しかしながら、私個人の考えとしてはわざわざ耳穴式の補聴器で防水にするメリットがあまり浮かびません。

どうしても防水の補聴器が欲しいのであればやはり耳掛け式で考えた方がラインナップも豊富ですし、色々使い勝手も良いと思われるからです。

 

用途や状況にも拠るのですが、耳穴式を選択する人のほとんどは仕事上やむを得ず耳穴式にされていることが多いのではないでしょうか。

あるいは耳掛け式の鬱陶しさが嫌いだったり、メガネがあるため邪魔になったり。

 

中には見た目で耳掛け式を忌避する人もいますね。見るからに聴覚障害者だと思われるのが嫌だという理由で。

 

ところで、聴覚障害を隠したい、というのはちょっと待ってほしいと思います。

 

本題からは外れますけど、障害を隠したい気持ちは分からなくもないですが、こと聴覚障害に関しては可能な限り周囲に知ってもらった方が自分も周囲の人もお互い楽です。

 

ただでさえ気づかれにくい障害で、周りの人が一生懸命話しかけているのに無視されていると思われたり、人の話を聞かない奴だとレッテルを張られてしまうのはお互いに不幸なことです。

 

なるべく耳が悪いことを知ってもらった方が、周りも配慮しやすいですし当人もコミュニケーションを取りやすくなるのではないでしょうか。

 

考え方の相違だと言われてしまえばそれまでですが……。

まあ私の個人的な意見ですので反論もあるかとは思います。それはそれで尊重しますし、別にどうしても周囲に知ってもらわなきゃダメだというつもりはありません。

 

話が逸れました。

 

一方で補聴器に「防水機能をつけたい」の場合、屁理屈のようで申し訳ないんですけど、オプションとしての防水機能を希望しているようなニュアンスですね。

 

実は割とよくいるんですよ。

「この補聴器に防水機能つけてくれ」っていう人。

すでに買った補聴器に後から防水機能とか言い出す。

 

例えば上記のように子供に補聴器買った後で、水泳があるから防水機能つけてくれとか。

風呂や温泉に入るときに濡れると困るから防水にしてくれとか。

マリンスポーツ始めたいから防水にしてくれとか。

 

 

 

いや無理でしょ。

 

 

 

大人しく外してください……。

 

 

そういうことなので、自分が「防水の補聴器が欲しい」のか「補聴器に防水機能を付けたい」のかどちらなのかよく考えてください。

 

後者の場合は残念ながら 

 

 

 

そういう状況なら外した方が早い

 

 

 

と思うよ。

 

 

スノボの時はどうしてるのさ?

 

耳穴式補聴器の場合はいかにして濡らさないようにするかに気を付ければ、スノボやスキーくらいなら全然問題ないです。

 

例えば私の場合は、バラクラバ(目出し帽)をかぶってさらにその上にイヤーパッド付のヘルメットをかぶります。

 

こんな感じ。

 

f:id:c7corvette1327:20180306232901j:plain

……やべーなこのゴーグルとフェイスマスクの組み合わせは……。

なんだかザ・フライみたいだ

 

 

目の前にあったヘルメットとマスクで写真撮ってみたらなんだか危険な香りが漂う変なやつが映ったので慌てて写真を探ってみたところ、つい先日Mt.乗鞍で撮った写真があったのでこちらを……

f:id:c7corvette1327:20180312182624j:plain

 

少しはマシですよね? 変なおっさんには変わりないけど……。

 

で、この状態ならこの写真のようにメッチャ雪降っててもなんら心配いりません。

補聴器が濡れる可能性は限りなく低いです。

 

この日は下手くそなくせにパウダーランに勤しみましたが、それはつまり

 

雪だるまになったということです。

 

……意味は分かるな?

 

 

そんな状況でも補聴器は濡れませんでしたし、なんら壊れてません。

 

 

そんなわけで私は補聴器をぬらさないためにヘルメットをかぶっているのです。

 

……うそです。逆エッジで頭打ちまくるのでかぶってるんです。

 

 

 

 

みんな!スノボやスキーの時はヘルメットかぶった方がいいぞ!

 

 

 

まとめるぞ!

 

ということで、結局こうした着衣のあるスポーツであれば、ある程度は保護することで防水機能のない補聴器でも特に問題なく使用可能だと思います。

 

ただ、正直マリンスポーツはきつい。

 

大人しく防水を買うか外したほうがいいでしょう。

 

スノボやバイクなどはとりあえず今のところ不都合を感じていません。

風切り音とかもヘルメットのおかげで皆無ですしね。

 

書いてて思ったけどヘルメットにはそういう風切り音の軽減効果もあるな。

 

やっぱりみんなヘルメットかぶろうぜ。

 

 

 

 

 

ちなみにこのスノボの後温泉に行って補聴器つけたまま入ろうとしたのは内緒。

 

 

 

 

 

※この記事は書いてる途中ではてながバグって内容が8割がた飛んだためにまた書き直しました……。慌てて直したおかげで所々変な文章かもしれないので後日また直します……(´Д⊂グスン

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事