オススメAviUtl記事
スポンサーリンク

f:id:c7corvette1327:20180614111730j:plain

もう15年以上も前のことになりますが、私の前職は美容師です。諸事情で辞めて今の医療関係職についたという、ちょっと変わった経歴なんですね。

せっかくなので今回は少し私の経験した美容業界のことについて書いてみたいと思います。

現在の業界事情とは違うと思うけれど私の時代は……

2000年代の初頭に美容師になった私ですが、当時はやたらと美容業界が盛り上がっていました。

ちょうど「カリスマ美容師」という言葉が流行し、ブームになっていた時代です。

カリスマ美容師ブームの先駆けとして有名だった「AQUA」という美容室の野沢さんをはじめとして(現在は Michio Nozawa HAIR SALON Ginza 代表)

www.mnhs-ginza.com

藤原紀香のヘアスタイリストだった宮村浩気さん

www.afloat.co.jp

そして美容ブームの一端を間違いなく牽引してた超人気番組「ビューティーコロシアム」に出演していたことでも有名だった青山apishの坂巻哲也さん

www.apish.co.jp

現在でも名をはせる有名スタイリスト達がみんな第一線で働いていたころです。

私自身も東京の某美容師専門学校に通い、これらのカリスマたちに憧れ、実際にカリスマたちの立ち上げたサロンに行ってカットしてもらっていました。

勉強もかねていろいろなサロンに行きました。

上記のお店はすべて行ったことがあります。どこも当時は今ほど店舗が多くなかったので迷わずに行けました(笑)

その後は主に青山のapishに通っていましたが、残念ながら坂巻さんには一度もお目にかかれませんでした(-_-;)

超多忙だったのだろうと思います。

それでもトップスタイリストの方にカットしていただいていたし、実際に技術も接客も上々だったと思います。

ちなみにその時のトップスタイリストの方は今も現役でスタイリストをされていらっしゃいます。

中々カットするためだけに青山まで行ってられないのでもうお会いすることはなさそうですがHPを見る限りではお元気そうで何より。

apishは、お店の外観はほぼ全面ガラス張りでかなり派手でしたが、上記にあげたお店の中では一番アットホームな感じで親しみやすかったと記憶しています。

他二店はどちらかというともうちょっと高級志向な感じでした。クールというか。

スポンサーリンク

何故美容師になろうと思ったのか

私が美容師になろうと思ったきっかけはささいなことです。

二浪して医学部(無謀にもほどがある)受験に失敗し、滑り止めで合格した某工学系の私大に通っていたのですが、目的の学部ではなかったため正直に言ってあまり面白くなく、漫然と通っている感じでした。

今思うとバカ学生の誹りを免れませんね……。

そんな中で、受験をやり直す気にもなれないまま勉強する気力もあまり沸かず漫然とした日々の中、「手に職」という技術職に漠然としたあこがれを抱いていた私は何を考えたのか美容師になろうと決意します。

その理由はこの本に感化されたせいです。

当時の彼女がドはまりしていたのですが、執拗に薦められ、執拗にかるびも美容師になればいいのにと唆され続けました。

この漫画はオネエ言葉のイケメン美容師がこれまたイケメンの美容師仲間とすったもんだしながらイケメン美少女JKをたぶらかし彼女にした挙句その子まで美容師の世界に引きこむという男も女もイケメンしか出てこないイケメンのための超美化された美容師漫画です(※注 褒め言葉です)。

決してイケメンではないかるびには縁がなかったはずの漫画なのにどうしてこうなったのでしょう。さっぱりわかりません。

しかし将来に目標も夢も特になかったダメ野郎の当時の私は、次第に彼女の甘言に惑わされ、漫画の中のめくるめく素敵な美容師の世界に魅せられ、とうとう自分の意志で美容師になろうと見事にトチ狂います。オワタ\(^o^)/

思えば漫画なのですからその世界のきらびやかないい面しか書いてないのはある意味当然で、美容師の仕事云々よりも少女漫画特有の恋愛話がメインだったはずなのに。

本当になぜ美容師になろうと思ったのか謎。 

……とりあえず完全な視野狭窄に陥った私はなんやかんやで美容師の専門学校に通い、国家試験を受けて無事合格し、美容師免許を取得して晴れて美容師となります。

就職先は都内のそれなりに高級志向のサロンでした。

あ、ちなみに彼女とは専門学校に入学する前に別れました( ゚∀゚)

なんやねん。

美容師の仕事はどうだったのか

この頃はまだ難聴の程度もそれなりで、さすがにシャンプーをしながらの会話はシャワーの音にまぎれて難しいものがありましたが、難聴による弊害というものはそれほど感じていませんでした。

そもそも私

スタイリストになれていませんし。

てへぺろ。

さて、仕事の流れとしては朝は8時に出勤して掃除、準備、朝礼、カラー剤の仕込み、前日に使ったパーマのロッド片づけ(洗って干しておく)、スタイリストの道具の整理などなど。

ちなみにロッドってのはこれのことです。

パーマロッド よく使う8種類 各12本 96本セット

スタイリストは各自自分のワゴン

山善(YAMAZEN) キッチンワゴン バスケットトローリー キャスター付き ブラック LBT-3(BK)

こんな感じの引き出しの付いたもっといいヤツを持ってまして、ここにマイ道具を置いているんですね。

ほかの店はどうか知りませんが少なくとも私の働いていたお店はそうでした。

まあぐっちゃぐちゃになってることが多いので下っ端アシスタントが片づけてたんですわ。

性格悪いスタイリストはちょっと道具の位置が違うと怒鳴り散らすんですよねえ……。

気持ちは分からなくもないけど怒るんなら自分でやってほしい(-_-;)

で、アシスタントはまずスタイリストになるまでは掃除、片づけ、使ったタオル類の洗濯、準備などなど雑用の嵐。

というか雑用しかしてなかったです。

シャンプーなどいきなりお客さんに入れるわけありません。練習して先輩や店長などにOKをもらわないとダメなわけです。

段階としては

パーマ

カラー

縮毛矯正

スタイリストがこれらをやるのを補助するのと並行して

シャンプー

ブロー

をそれぞれ出来るようにステップアップしていきます。

場合によってはカラー剤をスタイリストが作った後

「塗っといて」

というのもあります……。

以前から思っていたのですがお客さんからしたらこれってちょっとどうなんでしょうね?

ということでとりあえずスタイリストになるには、まずはシャンプーでお客さんに入れるようにならなければなりません。

なので練習します。

でも営業時間中に練習なんかできません。

ということは基本的にはその日の仕事が全部終わってから練習となるわけです。

いやー……実はこの辺の事あまり思い出したくないんですよね……。

もう10年以上前の事なのに今でも当時を思い出すと胃が痛くなる……(´Д⊂グスン

まあそれは置いといて。

で、シャンプーなんですけど、練習する訳ですね。

ちなみにこの当時は今では半ば当たり前になったバックシャンプーもまだまだ出始めたばかりで導入しているサロンも数少なく。

私の就職先も普通にサイドシャンプーでした。

これ超腰痛いんですよ……。

無理な体勢で中腰をキープしているせいでめっちゃ腰に響く。

そうでなくても私身長が180cmほどあるので台所とか低すぎて腰やっちゃうんですよね。

しかも体格が良ければまだしも、ヘタレヒョロガリときた\(^o^)/

で、当時アシスタントって私と一個上の先輩の二人だけだったんですよ。

同期入社?

いません。

私一人です。

なので9:00~20:00までひたすらシャンプーやってカラーパーマの補助やってシャンプーやってシャンプーやってシャンプーやって……

シャンプーといえば。


猫飯店メニューソング(シャンプー,佐久間レイ)

ナツカシス。

そんな風に四六時中シャンプーばっかりしてたら

予想通りに椎間板ヘルニアいただきました。

……。

ある日営業中にお客さんのシャンプーしてたら激痛で動けなくなっちゃった……。

救急車呼ばれたよ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

美容師生命の終わりを告げられる

ぎっくり腰とか腰痛とかある意味職業病ですから。

仕方ない部分もある訳です。

手荒れとか酷くてガッサガサになりながらも頑張ってる美容師さんもいますし

私より難聴で会話がままならないのに美容師やってるスタイリストさんもいますし

結局はやる気とか根性とか本人の熱意とかね。

あるんでしょうけれども。

運ばれた病院で色々検査やらなんやらやって先生との会話。

 

医者
ヘルニアですね。お仕事は何をされてらっしゃるんですか

かるび
美容師ですが

医者
あー……フフ……

かるび
え、なんで笑うんですか

医者
いえ、失礼。
……残念ですが出来れば仕事を変えられることをお薦めします

かるび
はあ?

医者
仮に手術などで治療したとしても、あなたの体型の場合美容師を続けていたらまた腰をやっちゃうと思います

かるび
うっ……!

医者
今出来てるヘルニアはそれほどひどくないので今ならまだ筋トレとか整体などに通えば痛みは楽になると思います。完治させるなら手術しかないです。でも治ってもまたお仕事で腰を痛めるでしょう。それとも歩けなくなりたいですか?

かるび
辞めます(´_ゝ`)

 

 

即決でした/(^o^)\

そしてこの痛みに耐えてまで超絶ブラック企業だったあの店に戻りたくはなかった……。

こうして私の美容師生活は終わりを告げました。

わずか半年程の短い経験でしたが、今思うとアレも良い思い出に……

なってねえ!

思い出すだけで吐き気がするわ!

うん……あれに比べると今の仕事って超楽ちんだなとは思うよ……。

別の意味で大変だけど……。

※注

美容師そのものを否定する意図は全くございません。ですが現在はどうか分かりませんが当時私のいたお店の労働環境や条件がかなりブラックだったことは確かです。

今から美容師を目指す方は出来る限り労働環境や育成環境の充実したお店を探されることを強くお勧めいたします……。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事