スポンサーリンク

f:id:c7corvette1327:20180313222536j:plain

こんな雪の中でスノボをするって相当なモノ好きなんですかねやっぱり

もうアラフォーだというのにすっかりスノボにハマってしまって先が思いやられます

実現出来る出来ないは置いておいて、今回は将来の夢について語ってみたいと思います

 

いくつになっても夢を持つことを忘れたら人生つまらない

 

「想像したことは現実になる」にも限りがあるんですけどやっぱり何かしら目標をもって生きていかないと人生ダメになりますね

 

私はそんなに人に語れるほど壮大な夢を持ってるわけでもないんですけれども

アラフォーですが独り身ですし今更本当は何の仕事がやりたかったとかどうとか語る気もないです

 

そもそも夢=将来なりたい仕事という図式は子供のころに持っておけばいい話

この年齢になって普通に仕事をして給料を得ていると、夢ってそういうことじゃないんだよなとよりリアルに感じるような気がします

 

そもそも、夢ってなんだろうというのは漠然とみんな感じていることで、それに対して明確なビジョンを持っている人っていうのはどんな夢であってもすごくバイタリティと情熱に溢れているんですね

 

今回突然こんな記事を書いたのは、つい先日この記事を読んだからだと思うんですけど

 

asahi-7.hateblo.jp

 

なんだか勝手にリンク張ってしまって申し訳ないですが

旭さんはこの春で高校を卒業したそうなのでまだ若干18歳くらいなんですね

若いのにブログの中ですごくしっかりしたことを書いていて、ちょっといい意味で衝撃を受けました

 

そうそう、私にもこういう頃があった……。じゃなくて、歳をとったからと言って人生守りに入ってちゃあかんなと!

 

といった感じでちょっと遅まきながら私自身、まだ半分以上残っているはずの人生をどう生きたいのか考えてみました

 

スポンサーリンク

現時点で何かやりたいことがあるか考えてみる

何かやりたいことはないかと言えばいくつかありますが……

 

  • バイクカスタムしたい
  • 憧れてるあの車に乗りたい
  • ガレージハウス建てたい
  • もっとスノボ上手くなりたい
  • お金持ちになりたい
  • 結婚したい

 

……最後の二つとかやりたいことっつーかただの欲望じゃねーか……

先の高校生の真面目な記事に比べるとなんという俗っぽさ……

自分の底の浅さが透けて見えるようですね

 

まあかるびの人間性なんてこんなもんです( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

……はあ……40年近くも生きてきてなんて情けない……

 

そして気づいたんですけども

 

 

仕事でどうこうしたいという気がまるでない

 

 

んですね……

 

例えばさー、今の仕事でもっとこういう立場についてビッグプロジェクトに携わりたいとかさーそういう理想みたいなもんとかさー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:c7corvette1327:20180314201110p:plain

BASTARD!! 暗黒の破壊神 1 邪神の章1 (集英社文庫 は 41-1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって……ぶっちゃけ今の仕事辞めたいですもん……

 

そもそも病院勤めの一介の技士に仕事に対する理想とかなんとか求められても……

実は今携わってる業務には、ひょっとしたら今後の展望が望めるかもしれない案件があるのですが、如何せん給料を払わないことに関しては天才的というめっちゃブラック企業なんですよね……

このまま居てもいいように利用されるだけなのが目に見えてる

 

職業の枠をはるかに超えたいろんなことやらされてるのに手当とか一切つかない

ああ、薬事法に違反するとか技士に許されていない医療行為を行ってるとかそういうことではないです

もっとマニアックなところで色々やらされてます。無償で。どんなに帰りが遅くなっても一切残業代付きません

 

もうねえストレスたまり過ぎていきなりはしご外してやろうかとか思っちゃうんですよね

 

 

あかん、暗い!

 

 

夢について語ろう!

 

 

……そうだなぁ

 

 

仕事辞めてもお金に困らない暮らししたい!(俗まみれ

 

 

でも何か稼ぐ手段を見つけて仕事を辞めることが出来たら上に書いたこと大抵実現できるんじゃないだろうか?

 

そうすれば時間にも余裕ができてもっと仕事の枠にとらわれないいろいろなことに挑戦できそうな気がします

 

それこそ、シーズン中はスノボ三昧なんてことも出来ますね( ´艸`)

 

もっと大きな「夢」という誇大妄想をしてみよう

せっかくなのでちょっと具体的にどんな生活が理想的なのかを考えてみます

そりゃあ大金持ちになってウハウハというのは究極ですが、なんかダメ人間になりそうなので(既になってるとか言わない)もう少しだけ現実に即して、その気になれば今からでも実現可能そうな「夢」について考えてみたいと思います

 

私は今、現時点でどうなりたいのか?

 

 

 

そう考えたとき、出来ることならカナダのウィスラー辺りに移住してスノボにかかわる仕事しながらスノボで遊んで暮らせたら最高だなと夢想しました

 

f:id:c7corvette1327:20180316220526j:plain

 

 

 

 

 

 

どれだけスノボバカなんでしょうか

 

 

 

 

 

呆れてものが言えません

言えないので書いてます

ただ、これなら割となんとか行けそうな気がしないこともなくないですか

 

実際にスノボにはまってカナダに移住した方がいらっしゃるのですが、こちらのブログの天野洋平さん

 

www.yohey-hey.com

 

私よりも年下なのにすごく行動力があって、実はすごく見習いたい生き方なんですよね

 

「好きなことをして生きていく」

 

これ、やっぱり究極の理想だと思います

 

で、それを実現しようと思ったらどうしたらよいのか

 

リアルに考察してみました

 

夢を実現するためには何が必要なのか

当然ですけどやりたいことがあって、それを実現するために無一文でなんとかなるほど甘い世の中ではありませんので、とりあえず先立つものは必要です

ざっくばらんにカナダに移住するために何が必要かを考えてみると

 

  • お金(渡航費、滞在費、諸手続き費用諸々)
  • 仕事(カナダで何かできる仕事が必要)
  • 言葉の壁を何とかする方法(私は特に難聴者という障害を抱えている)
  • 家族の説得(今のところ独身だけど両親とかね……)

 

他にもまだまだ必要なものがたくさんあると思いますが、大まかには上記に分けられると思います

 

お金

まずお金は特に重要です

遊んで暮らせるほど貯金もないですし裕福でもないので当然ですがお金を得る手段を確保しなくてはなりません

方法としては、今の仕事では大した収入ではないので他に何らかの稼ぐ手段をみつけるしかないでしょう

今更職業を変えるのも時間の無駄ですからほかの手段で収入を増やすしかないですね

 

うーん

やっぱりネットを利用した副業が一番現実的なんでしょうか

宝くじとか現実的じゃなさすぎてどうしようもありませんし

 

まあこのブログもご多分に漏れずアドセンス貼ってますしアフィリエイトも張ってます

収入なんかほぼ0ですけど

もちろんこのブログから収入が得られたらそりゃ嬉しいですけど、中々そう簡単にはいきません。得られてもお小遣い程度でしょう

ネットで稼ぐなら稼ぐでしっかりしたビジョンを持って物販なりアドセンスブログなりをしっかり運営していかなくてはダメだということですね

 

おいくらくらい稼いでいるのかは知りませんけど、実際に仕事を辞めても生活に困らないくらいの収入を得ているというヒトデさんくらい稼げたら、夢の実現も楽になるかもしれません

www.hitode-festival.com

 

ところで海外在住でもブログ収入って得られるんでしょうか

ネットは世界共通だから大丈夫なのかな?

 

仕事

そして仕事ですが、今の仕事を辞める覚悟、というものは当然必要になります

当ての無い生活に身を投じる覚悟があるのか

そのまま生きていく覚悟があるのかどうか

 

こういうところは、若さがあれば行き当たりばったり何とかなったかもしれないですけど如何せん40も近くなると守りの姿勢が……

 

何の伝手もない異国に単身乗り込もうとするのはかなりの勇気と決断力を要します

自分が20代だったらきっと飛び込んでたかもしれません

ですが現状ではちょっと二の足を踏んでしまいます……

前述の天野さんなんかは仕事をすっぱり辞めてカナダに渡航していますね

20代という若さがあったとはいえさすがにすごい決断力です

 

不安がないと言えばウソになります

このままぬるま湯の生活で十分だという気持ちがないかといえばウソになります

 

ただ現状でダラダラと年老いていくのは無性に悲しい

それだけは感じるんです

 

結局、考えるだけで何もしない天才より、挫折しても躓いてもやれると信じて行動する馬鹿が勝つんですねきっと

 

もう一度、行動力を前面に出せるくらい馬鹿になってみたいと感じています

 

言葉の壁

私にとっての最大の難問はコレ

実は上でカナダに移住してみたいとか書いておいて、海外旅行というものを一度もしたことがないのです

ネックになるのは言葉の壁

日本語でさえ会話に不自由するのに海外とか大丈夫かと

 

でも多分なんですけど、障害者福祉に関しては海外の方が日本より数段優れているだろうからなんとかなるんじゃないかと思います

特に欧州なんかその高度な福祉社会が度々話題になるくらいですからね

 

不安に思ってるのは肌で海外を感じたことがないからで、実は行ってしまえば割と何とかなるんじゃないかとも思ってる楽天家気質が、こんなところでばかり発揮されてます

 

仕事とかも実は何とかなるのかも知れないですよね

やってみないことには分からない

やればわかるさ

 

家族の説得

両親は確実に大反対するでしょうね

これから老後生活が待ってるわけで、それを世話するはずの長男が居なくなろうとしているわけですからそりゃダメだろうと

相談したところで、そんな馬鹿な事ばっかり考えていないでさっさと結婚して孫見せろとか言われるのが関の山です(笑)

 

幸か不幸か独身なので、身軽といえば身軽ですが両親の面倒をどうするのかという問題は付きまといます

 

一応兄妹がいますが、あちらはあちらで家庭を持っているので、両親の面倒を見てくれるかどうかは何とも言えませんね

 

一切合切の金銭的負担を私が見ることができれば何とかなるかもしれないですが

 

 

ざっと見てきましたが、兎にも角にも必要なのはやっぱりお金のようです

大金である必要はないけどある程度しっかりした収入を得る必要はやはりありますね

 

現状の年収の倍くらい稼げれば何とかなるかもしれませんが

 

 

ここまでスノボの事ばっかり書いてきましたけど、他にもあこがれの車がとかバイクカスタムがとか書いてます

ところが最近は、好きだったはずの車とか割とどうでもよくなってきました……

バイクは相変わらず楽しくて好きなのですが、四輪は本当に移動さえしっかりできればなんでもいいと思うように……

 

車好きが減ったと言われてますが、私はずっと車好きのままだろうと思ってきました

マニュアル車大好きですし、今でもセカンドカーでマニュアル車に乗っています

 

なのにここにきてだいぶ趣味嗜好が変わってきているのを実感します

 

週末にマニュアル車を運転して峠に行っても以前ほどワクワクしません

閉じこもった箱の中でハンドルとアクセルで操作していても以前ほど楽しさを感じなくなっています

 

何故なのでしょうか……

 

多分、それだけスノボにハマってしまったということかもしれません

 

 

30代後半からスノボにハマった聴覚障害男の人生がこれからどうなるのか

 

私自身ちょっと楽しみになってきました

 

 

 

とりあえずは一度、カナダにスノボしに行ってこようと思います

 

……休み取れるかな……orz 

 

 

※ところで今回の記事から文節最後の句点を無くしてみました

というのもこのテーマのレイアウトは右端あたりで「~なのです。」などで終わると、「す。」だけ改行されてしまうことが多くて見づらい気がしたからです

日本語の文章としては座りが悪い感じがしますが、しばらくこれで様子を見てみようと思います

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事