スポンサーリンク


AviUtlでは「スクリプト制御」を組み合わせることで、オブジェクトに様々な動きをさせることが可能になります。オブジェクトの色を変えたり、ばらばらに大きくしたり、変形させたりすることもできます。

この記事ではスクリプトの役割について解説し、AviUtlで動画編集をするにあたって導入すべきスクリプトを紹介します。

「スクリプト」で何ができる? スクリプトの導入が必要な理由

スクリプトとは一種のプログラムコマンドです。スクリプトを導入することによって、動画編集に必要な数々の演出を施すことが可能になります。

まずはスクリプトの仕組みを簡単に解説します。

こちらの記事にてAviUtl本体と同時にインストールされた「拡張編集プラグイン」には、「スクリプト制御」という機能が備わっています。

 

「スクリプト制御」はLuaというスクリプト言語を使用して図形や文字などのオブジェクトにプログラム制御を加えた動きを追加する機能です。

おさる
プログラム制御を加えた動き?
それを使うとどうなるのさ?

かるび
じゃあ実際にスクリプト制御を使ってみようか。

 

スクリプト制御を使ってみよう

AviUtlのタイムライン上にテキストオブジェクトを配置します。

標準描画ウインドウ上で右クリックし「フィルタ効果の追加」を選択します。

フィルタ効果の中から「スクリプト制御」を選択します。通常ですとフィルタ効果一覧の下の方にあります。

するとテキスト標準描画ウインドウの下部に「スクリプト制御」のウインドウができます。

「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れます。

ここで何でもいいのでテキストを記述してみます。今回は「だんだん大きくなるスクリプト」と記述しました。

下段のスクリプト制御欄にその名の通り文字がだんだん大きくなるスクリプトを作成します。
「obj.zoom = 0.2*obj.time」と記述してみましょう。これは「時間変化でオブジェクトを0.2倍ずつ大きくする」という意味のLua言語です。

再生してみるとこのように表示されます。

この時、0.2の数値を0.5などにすれば、さらに文字を拡大させることができます。色々いじって試してください。

ちなみに「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れずにこのスクリプト制御を使用すると、テキスト全体がだんだん大きくなります。これは入力したテキストが「テキストオブジェクト」という1つのオブジェクトとして扱われるためです。

テキストにスクリプトを使用する際は、基本的に「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れないとうまく反映されません。

スクリプトを毎回作らなくてはならないのか?

スクリプト制御を使用してLuaコマンドを入力することで、オブジェクトに実に様々な動きをさせることが可能になります。

しかし……

めいどさん
スクリプト制御を使えるようにするためにはLua言語を勉強しないといけないのでしょうか……?

かるび
安心していいよ。そこまでする必要はないから

スクリプト制御を毎回使用してその都度コマンド文を入力するのは大変です。

そこであらかじめスクリプトを記述したファイルを別に作成しておき、それをAviUtlに読み込ませることで色々な動作をできるようにしておくのです。

こうして作成した様々なスクリプトが書かれたファイルを、有志の方が無料で配布してくれています。これらのファイルを「配布スクリプト」と呼んでいます。

おさる
なんだよスゴイやつがいるもんだな!

かるび
こらっ!やつとはなんだやつとは! 失礼だろ!
ちゃんと感謝して使わせてもらわなきゃ。

 

もちろんLua言語に興味のある方はどんどん勉強してください。少々古いですが教本も出ていますよ。

 

AviUtlで使用できる配布スクリプトはいろいろな種類が用意されており、グーグルで「AviUtlスクリプト」と検索すればたくさん紹介されています。

ですがAviUtlを使い始めたばかりの状態では、どれを導入していいやら戸惑うと思われます。

そこでまずは次の項でご紹介するリンク先のスクリプトを導入しておきましょう。

スポンサーリンク

導入すべきスクリプト一覧

AviUtlを使うなら導入しておきたい必須スクリプトを提供してくださっている方々はこちら。

最初のうち慣れるまではどれか好きなものだけでも構いません。

ただ、上に紹介したスクリプトは最終的には全部必要になると思われます。というより、あって損はありませんので、個人的には可能な限り最初に全部導入してしまうことをオススメします。おそらく考えうる演出はほとんど出来るようになります。

かるび
つまりすでに配布されているスクリプトを導入すれば、いちいちスクリプト制御を使って自分でスクリプトを作らなくてもよくなるってことだね。

めいどさん
なるほどこれは便利です! ……助かりました……。

 

必須なスクリプトを是非導入して、AviUtlを使った動画編集をより楽しいものにしてしまいましょう!

こちらの記事でスクリプトを導入して実際に使用する方法について解説していますので是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事